先日、「谷崎潤一郎記念館」と「人と防災未来センター」に行ってきました!

 

芦屋にある「谷崎潤一郎記念館」では、彼の生い立ちや作品、愛用品の展示があり

たくさんの発見がありました(*^_^*)

日本を代表する小説家である、谷崎潤一郎について今までよりも、さらに興味が出てきたので

今度もっと詳しく調べてみようと思います!(^^)!

image1

 

また、芦屋には震災モニュメントも多くありました。
西法寺の屋上にある鐘がこちら↓

 

image3

 

なんとドラム缶で作られた鐘です!
震災当時、避難者に対して風呂を提供するために湯を沸かしていたドラム缶で作られたものだそうです。

 

こちらは芦屋川沿いにあり、異なる形の石が支え合って空に向かって伸びるデザインになっています!

まさに復興に向けての「希望」を表していると感じました!(^^)!

image4

午後からは「人と防災未来センター」に行きました。

image6

私たちの学年は震災の復興と共に成長してきました。

見学しながら、考えさせられる点が多くありました。私たちが自然と共生する暮らし方を

みんなで考えていかなければいけませんね。

私たち一人ひとりが「防災」「減災」といったことを意識していくことで魅力ある街づくりに繋がっていくんじゃないかな、と感じました!(^^)!

 

このように、すぐに行ける距離に「生きた教材」があるのは神女で学ぶ魅力の1つですね(*^_^*)

とても勉強になったいい1日でした!

 

 

 

PAGE TOP