こんにちは!

今日は七夕ですね^^

最近は梅雨空が続いていましたが、七夕の今日は暑いくらいのいい天気になりました♪

 

シンジョでは七夕に向けて笹が準備されるんですよ。

先日はラウンジの笹を紹介されていましたが、実は図書館にもあります!

 

今年はご覧の通り、たくさんの願い事が集まりました。

みんなどんなことを書いているのか気になりますね!

単位のこと、就職のこと、プライベートでは恋愛のことなど幅広く短冊がありました☆

全部叶うと嬉しいですね(*^^*)

 

 

こんにちは(^^)/

とても暑い日が続いていますが、夏バテはしていませんか?(>_<)

 

今日は、暑さも吹き飛ばすほど盛り上がる

毎年恒例のすいか祭りをご紹介します!

 

今年で39回目の開催となった「すいか祭り」は、

帰省する学生の健康と安全を祈願して始まりました。

 

もちろん、両キャンパスで同時開催です◎

 

残念ながら、今年は台風の影響であいにくの雨。。

 

ですが、見てください!この大行列!!

みなさんスイカを食べる気満々です(^O^)

 

 

 

雨でもこの元気!さすがですね♪

汚れてもいいジャージで参加している学生もいました!

 

 

今年は約90玉のスイカが神女に届きました**

 

 

 

先生のスタートの掛け声を合図に

スイカ祭りがスタート☆

 

 

 

雨なのでスイカを受け取ったあとは

屋根のある場所で雨宿りしながら美味しくいただきました◎

 

 

 

 

先生も学生と一緒にスイカ祭りを楽しんでいましたよ♪(*^_^*)

 

 

中には今日のスイカ祭りのために塩を持参している学生さんも(*_*)!!

 

 

みなさん思い思いの楽しみ方でスイカをたくさん食べていました◎

雨に濡れながらのスイカ祭りだったと思うので

風邪を引かないようにしてくださいね(>_<)

 

来年のスイカ祭りは晴れますように・・・(u_u)

 

こんにちは。

入試広報課です。

 

兵庫県立高砂南高等学校 大学見学会が行われました。

2年生の女子生徒さん30名に来ていただきました。

 

まずはシンジョについてどんな大学なのかを知っていただくために、概要説明を行いました。

 

 

続いて、授業見学です。

今回は管理栄養士養成課程の授業を見学していただきました。

授業は『食品学実験』、この日は卵を使った実験でした。

 

白衣姿や、実験器具の多さに驚かれていました。

 

 

続いて講義の見学です。

講義は『管理栄養士のための生物Ⅰ』です。

生物を勉強されている生徒さんは、

「今、高校で勉強しているところと同じ!」「講義の話がわかる!」

など大学の授業に興味を持たれました。

 

最後はキャンパスや施設の見学です。

大学のキャンパスは敷地が広く建物が多いため、慣れるまでは迷路感覚です。

「通ってきたところが全くわからない!」

「気付いたらさっきのところに戻ってきてる!」

など驚く声が聞こえてきました。

 

シンジョの図書館は地下1階~3階の建物となっています。

各階によって置いている書籍はもちろん、機器や勉強スペースなど異なります。

市民図書館との違いやシステムなど、図書館の方から説明がありました。

 

オープンキャンパスとはまた違った雰囲気で、このように普段の授業の様子を見ていただくことができます。

 

個人でキャンパス見学に来ていただけますので、その際には下記までお問い合せください。

 

【お問い合わせ先】

神戸女子大学・神戸女子短期大学 入試広報部

TEL  078-737-2329

MAIL info@kobe-wu.ac.jp

 

オープンキャンパスの詳細はこちら ↓ ↓ ↓

https://www.smile-navi-web.com/event/opencampus/2017/

こんにちは!

 

もうすぐ七夕ですね!

シンジョのラウンジにも笹が設置されました(^○^)

 

 

 

笹の下には色とりどりの短冊が置いてあり、

みなさん思い思いの願い事を書いて笹に結んでいました◎

 

 

 

みなさんの願い事が叶いますように…(u_u)

 

そして7/4(火)にはシンジョ恒例のスイカまつりがおこなわれます(*^_^*)

今年は110玉のスイカを学生さんにふるまうそうです☆

 

 

毎年大賑わいのスイカまつり!

今年もたくさんのスイカを食べたいと思います(*^^)v

雨が降りませんように…(>_<)

 

来週のブログはスイカまつりを紹介しますね**

お楽しみに!!

みなさん、こんにちは!

史学科が外部と連携して行う博物館実習の様子をご紹介します。

特別講師はヤマトロジスティクス株式会社から2名をお招きしました。

美術品の梱包から美術梱包専門車への積み込み作業までを教わりました。

まずは講義からのスタートです。

DSC00617

 

馬形埴輪の梱包について実際に触れて学びました。

このような美術品を扱う場合は学芸員の指示の元、梱包をしていくそうです。

実習で使用した馬形埴輪は小さめサイズですが、大きい埴輪は馬と等身大くらいあるそうです。

DSC00621

 

美術品はとても繊細なので、持ちやすいところや安定しやすいところを選んで持ち上げると壊れてしまうので、この場合では埴輪の作りを知る必要があります。

よく見ると中が空洞になっていたり、厚みがありそうに見えるが実はとても薄いなど、装飾品にも注意しなければならないようです。

注意点を教わったところで、実際に体験です!

ここではみんなの息を合わせ、「せ~の!」という掛け声がポイントになります。

DSC00625

 

「思ったより重い!!」という感想が出てきました。

DSC00626

 

持ち方、重さがわかったところで実際に梱包作業です。

DSC00629

 

みるみるうちに埴輪が梱包されていきます。

DSC00632

 

最後は専用の木枠にはめ込み、動かないようにしっかり固定できました。

(※今回は時間の関係で梱包を省略しております。)

DSC00635

 

いよいよ専用トラックに積み込みをし動かないようにしっかりと固定します。

DSC00638

DSC00641

最後にトラック見学をさせていただき、学芸員に必要な貴重な体験を学ぶことができました。

博物館資料の移動方法や梱包方法について最新の技術を学び、学芸員として働くイメージができる機会となりました。

1 17 18 19 20 21 22 23 24 25 42

PAGE TOP