みなさん、こんにちは。

入試広報課です。

 

まずはじめに、“あい・あい”についてご紹介したいと思います。

神戸女子大学では「発達理解実習」という授業を通して、

地域への子育て支援における社会貢献や実践力のある保育者養成を目指し、

定期的にキャンパス内において子育て支援のための通所センターを設置しています。

それが“あい・あい”です。

幼稚園教諭や保育士資格を目指す学生が、お子様との遊びを企画します。

また、大学には子育てにかかわる長年の実績をもったスタッフもいて、

ご希望があれば子育て講座や相談に応じることもできます。

 

ここでは教育学科3回生の学生が中心となり、子どもとの遊びを企画しています。

授業や実習を通し、学んだことを一年のスケジュールで実践しています。

募集をするためのチラシ作りから、スーパーマーケットなどへのチラシ設置のお願い、

イベント企画、道具の作成等まで手掛けています。

 

4回生の教育実習は、附属での通年の実習や学外実習を通して学びます。

3回生時に“あい・あい”で学んだことを教育実習ですぐに活かすことができ、

経験が多い分、保育の知識や技能をより多く身に付けることができます。

 

“あい・あい”の対象児は0歳から3歳です。

子どもの表情や行動の変化、感情の出し方等長い期間で接するからこそ気付けないことを学ぶことができます。

そのため学生は自ら考え行動し、咄嗟の出来事にも的確な判断ができるようになるなど

確実に成長しているようです。

 

それでは今月行われた子育て支援の様子です。

テーマは「うんどうかい」です。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

 

保護者の方も楽しそうに参加していただいています。

終始笑顔と笑い声が絶えず、楽しまれていました。

 

cimg0126

089

086

091

 

その日の活動が終わると学生はすぐに反省会を行い、感じたことや改善点、

どうしてできなかったのかなど、自発的に考え次回に活かせるようにしています。

cimg0144

 

これも地域、保護者のご理解があってのこと。

今では参加定員に達しています。

 

次回は11月19日(土)「秋の自然の中で遊ぼう・つくって遊ぼう」です。

子育て広場“あい・あい”に興味がある方は29年度の募集時に参加申し込みをしてください。

smile navi受験生応援サイト

PAGE TOP