• 潮風が薫る海のそばに、神女はあります。
  • この地からは、今日も、たくさんの神女の学生たちが未来の海原へ飛び立っている。
  • 君もいつか出会うだろう。かけがえのない友達、親身な先生、頼りになる部活の仲間や、いつかできる後輩…応援してくれるたくさんの人に。
  • 毎日のように人と人が出会い、自分だけの世界へ進む人がいる。
  • 美しいもの、かけがえのないもの、自分を変えてくれるものが手を伸ばせば届く場所にある。
  • 君が、君らしく夢を掴むその日まで。神女は、輝く日々を過ごせる場所であり続けたい。
  • この物語が、これからの君にとって小さな光になることを祈って。