実習があるからとか言い訳している場合じゃない。すぐさま興味のある業種をピックアップした。
その一つが、アナウンサーだった。これは万由香が高校生までモデル事務所に所属し、テレビの世界を身近に感じていたからであろう。それから数ヶ月後、万由香は、書類選考を経て、フジテレビのインターンシップに参加した。実際のスタジオで、テレビで見る現役アナウンサーから丁寧な指導を受ける。原稿の読み方、フリートークの練習……万由香たち関西人が話す標準語は、息の抜き方が違うということも教わった。