空も広い。空気が気持ちいい。初めて来たのに、生まれ育った和歌山のような懐かしさを感じた。
その夜、たまたまホテルのテレビで流れていたCMが目に留まった。山梨放送 アナウンサー募集テレビ画面に釘付けになったまま、友達に話しかける。「ね、これ応募してみようかな?」 「いいんじゃない?」万由香の心に弾みがついた。採用試験に備えて発声練習を強化し、インターンシップで得た経験を常に頭に置いた。三次選考を経ていった。周りが就活で沸き立ちはじめた頃に、万由香は山梨放送の内定を獲得した。クラスのみんなは、一足早い万由香の内定を自分のことのように喜んでくれた。