「万由香見てたら、私も頑張ろうって思う」と言ってくれたのは親友のフミだ。目の前には管理栄養士の試験が待っている。「フミ、一緒に頑張ろう」運命なんて信じない。人生は自分で切り拓くものだ。でも、自分を信じて努力すれば、そっと手を差しのべてくれる神様がいるのかもしれない。万由香が未来を掴もうとして伸ばした手を、神女が引き上げてくれたように。