インスタント食品などがぎっしり詰まっていた。どれも懐かしく、ありがたかった。いつまで続くのかと思われたホームシックは、4月半ばで終わりを迎える。社会福祉学科で1泊2日の新入生合宿が開催されたのだ。場所は、「しあわせの村」。はじめこそぎこちなかったがバーベキューやグループワークをするうちに、自然と笑顔の輪が広がっていった。