家庭科の先生は、教科書に載っていない豆知識も教えてくれたのにな……。この不満こそが、彰華が家庭科教員をめざしたきっかけだ。神女は、高2のときの担任の母校ということで興味を持ち、オープンキャンパスにも訪れて進学を決めた。「今すぐにでも家庭科の先生になりたい」と急ぐ思いから、4年制ではなく、短大を選んだのだった。2年で経験した教育実習が、彰華の夢に拍車をかけた。まだあどけなさが残る中学生たちを前に教壇に立つ。